« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月19日 (木)

狐笛のかなた 上橋 菜穂子

狐笛のかなた (新潮文庫)

狐笛のかなた(文庫)
上橋 菜穂子
新潮社 (2006/11)

ここのところ、毎日残業で身も心もクタクタ。

こんな私のストレス解消は本を読む…なのですが
これもまた疲れます。

ですので、おバカな漫画本を一読して終わり~で
済ましておりました。
当然、なんの感動も無く、ブログを書く気にさえならず
ずるずると20日も過ぎてしまったじゃあ~りませんか。

このまま、ブログも終わりにしようかと思っていたところ
おバカな漫画のレビューの中に
“聞き耳”の力をもった少女・小夜と
使い魔として使役されている霊狐・野火とのけなげな愛
の話と似ていて…うんぬん…とあり、
なんだか面白そうな話だなと思って、
ネットで買って読んでみました。

児童文学というジャンルになるそうなんですが
いえいえ、大人が十分満足できる内容の濃さ、
これは、お子様ではちょっと味わえない
和風ファンタジーですぅ~。
まずは読みやすい!文書力があるので書かれている
人物や風景、動作が容易に想像できる。
頭の中に、ぱぁ~っと物語が広がる感じ。
そして、ハラハラドキドキはもちろん
ほんわかとした恋心がかわいくけなげに書かれていて
もう読まずにはいられない!!
寝不足で頭痛いのにかかわらず
どんどんページをめくってしまいました。
気がつけば、夜中の3時(爆)

読み終えた後も、物語の世界から
しばらく抜け出せませんでした。
(でも頭ガンガンに痛い)

すごいわ上橋 菜穂子さん。

今、BSでやっているアニメ「精霊の守り人」
原作者でもあります。
こちらも面白いですよ。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »