« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月28日 (月)

金曜ドラマ 今度は「山田太郎ものがたり」だ~!!

TBS金曜ドラマ「山田太郎ものがたり」が7月から放送されます。
原作は、少女コミック誌「月刊Asuka」(角川書店)に
連載された大ヒットコミック。

出演は嵐の、二宮和也と櫻井翔です!!
二宮が演じる、山田太郎役は
容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、まさに学園のアイドル。
周囲には相当な”おぼっちゃま”なのであろうと思われている…が、
実は超が付くほどの「ド貧乏」な高校生。
日々、貧乏一家を支えるためアルバイトと内職と生活費節約に励んでいる。
そして親友役、御村託也を櫻井が演じる。
御村は正真正銘の”おぼっちゃま”だが、
太郎の唯一の秘密であり弱点である「ド貧乏」なことを
知っていて…。

「花より男子」に続いての高視聴率を狙ってる
…という感じで少女コミックの原作から選んでいるのか!?
というか、「花より男子」は台湾で先にドラマ化され大ヒット。
(流星花園 ~花より男子~)
そして「山田太郎ものがたり」も先に台湾でドラマ化されている。

日本、遅れてるよ~台湾版のイメージが強すぎ。だって
台湾版山田太郎役のヴィック・チョウがかわいいしね。
今流行の王子様だし。しかも台湾版のほうが原作に忠実。
(たしかDVDBOXには全45話を収録と書いてあった…)
杉浦先輩も出てきて、おもしろかったけど、
日本のは杉浦先輩役があるのかどうかもあやしい。
今日の時点では書かれていなかったしぃ~。

とにかく、原作を超える面白さがあれば少々原作と話が
違っていても許す(←えらそーに)

ところでこのキャスト
二宮と櫻井、逆の方がいいような…
私はそう思うんだけどな。どう思います?

山田太郎ものがたり 角川書店 森永 あい (著)
(コミック)      (DVD-BOX)~貧窮貴公子~
山田太郎ものがたり (第1巻) (あすかコミックス) 山田太郎ものがたり ~貧窮貴公子~ DVD-BOX

| | コメント (0)

2007年5月19日 (土)

「GANTZ」21巻 奥 浩哉

表紙は黒バージョンでした。
21巻から、新たなるステージが始まったのですが、
なんと舞台は大阪です!道頓堀のようですが
カニではなくイカが看板になっています(爆)

玄野・和泉を失って、加藤が主人公?
と思っていたら、なんとタケシが大活躍だ~

そして大阪ガンツチームがなんです。
薬やってたり、宇宙人と○○やってたり
もうイッちゃってます(ひ~っっ)。

でも…なぜか大阪ガンツチームに美形が一人。
ワンダースリーに出てくるような
タイヤの乗り物に乗っています(古っ)

誰なんだろう…それだけが気になるぅ~。

ストーリーはある様な無い様な
なんせ、バトルばっかりでページが埋まってるし
玄野も出てこなかったのでつまらなかったです。
バトルが一般人に見えてて、被害を受けるというのも
わたしとしては気に入らんな~
あまりにもバケモン多すぎの「GANTZ」21巻でした。

***「GANTZ」を知らない人のために***
地下鉄のホームで撥ねられ死んだはずの玄野と加藤は
謎のマンションの一室に一瞬にして転送される。
そこに置かれた得体の知れない黒い球の指令により、
日本にいるいろんな星人の暗殺を命じられる。
殺していくとポイントが溜まって
普通の人間にもどれるのだ。
玄野はポイントが溜まり一度は普通の生活に戻ることが
できたのだがある事がきっかけで再びもどってしまい
死んでしまう。
マンションにいた仲間たちは玄野を生き返らすために
星人たちを殺して、ポイントをためる決意をするが…。

GANTZ 21 (ヤングジャンプコミックス)
GANTZ 21 (コミック) 集英社 奥 浩哉 (著)

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

My新刊情報(6月発売のコミック)

楽しみなのは 「無限の住人」「のだめカンタービレ」かな。
「無限の住人」…長い話です。まだ終わりません。
というか終わりが見えない。でもまだ21巻なんや…。

「のだめカンタービレ」は、なんと!楽器屋さんでも売っています。
しかも私、楽器屋さんのカードを持っているので
少しお安く買えちゃいます。お得です!
…他の漫画も売ってくれないでしょうか(笑)

6月
13日 講談社 のだめカンタービレ 18巻 二ノ宮 知子 410
13日 少年画報社 夜と星のむこう 1巻 (1) 今 市子 880
22日 講談社 無限の住人 21 (21) 沙村 広明 540
26日 角川書店発行 彩雲国物語 2巻 由羅カイリ 546
30日 新書館 彩おとこ 3巻 鳥人ヒロミ 580

*ご注意
自分で探せる新刊情報の中から、関心を抱いたものを
書いています。
すべての新刊情報を書いているわけではありません。

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

アニメ「ラブ★コン」好きになっちゃいました!

今日は、アニメの「ラブ★コン」のこと書きます。

「ラブ★コン」が4月から始まるのは知っていて
ブログにも書いていたんだけど、関東だけで放送なんや…と
よく見ないで勝手に思っていて(よくあるんだなこれが)
しっかり1話を見逃してしまいました(泣)
(「エマ」第一幕も1話を見逃した…)

土曜の深夜、偶然見つけ2話目の途中から見始めたんですが
話が途中から始まったのにもかかわらず
めちゃ面白い。すっかりハマちゃった…という訳です。

原作が面白いからアニメも当然いける!…訳ではなく、
そのほとんどが結構がっかりさせられるということが多いです。

例えば、今放送中の「エマ」第二幕なんか
別のエピソードを付け加えているんですが
原作のエマから想像できないような行動をさせてしまってるので
見ていても不自然で気持ち悪いんですよ。
アニメ「エマ」のスタッフはそこんとこわかってないよな。

アニメ「ラブ★コン」も原作そのまんまではないものの、
それぞれのエピソードをうまく当てはめて、
登場人物の色を最大限に出せてる脚本になっていると思います。

声優さんも大阪出身または関西の方がほとんどで、
セリフに違和感なし!でございます。
唯一、主人公リサ役の人が東京出身で、まぁ、
本当の関西弁のアクセントとは、ちょっと違う所もありますが
元気があって、ノリもいいので
それほどおかしいとは思いません。

音楽もまたいいのですよ。

オープニングとエンディング
どちらもテゴマスが歌っているのですが
「ラブ★コン」にピッタリの胸キュンな曲で、耳に残ります。

キッス~帰り道のラブソング~ (初回限定盤)(DVD付)

耳に残るといえば、
第4話 
『チュッ!好きになっちゃいました!』で
リサが大谷と聖子の○○を目撃したときの
BGMもよかった!!
リサの動揺がそのBGMですごくよく表現できていて、すばらしいんですよ。

BGMで感激するのもめずらしいと
思っていたら
「ラブ★コン」のスタッフブログに、
その曲は結構時間かけて作られたと書いてありました。
やっぱりな~
一生懸命作られたものって伝わってくるもんなんですね~。

「ラブ★コン」…アニメ、原作…ときて、
あとは映画(DVD)見るだけ。

期待を裏切らない出来であってほしいな~。

| | コメント (2)

2007年5月 3日 (木)

読了 「ラブ★コン」 1巻

「ラブ★コン」 中原 アヤ  集英社
今頃になってハマってしまいました~!!
前からファンの人ごめんなさい。

実は、前から気になっていた作品だったんですが
少女漫画にありがちな、キャンキャン、ワンワンとうるさそうな
高校生同士の恋愛ものの話だと思っていたので
触手が伸びなかったんですぅ。

でもアニメを見てこれはっっっ!
はっきり言って、少女漫画の大革命や~と思いました(爆)

出てくるセリフはほとんど関西弁!!
ほとんど吉本のノリで最初から最後まで笑いっぱなし~

  大・爆・笑!

関西弁って、活字になって読むとなると
関西人でもかなり読みづらくて嫌だったんだけど、これはなぜか、すんなりと読めます。

テンポがいいのと、大阪のおばちゃんの
日常会話が私の頭の中にインプットされているからなのかな?

小池徹平さんが大谷役で出て映画化され、さらにアニメ化になって
人気急上昇中からか、BOOKOFFで、\300もしましたよ。

ビニールの帯までしてあって、一見きれいなんだけど
ヤケててかなり古かった…。
しかも歯抜け。
全巻揃っていたら、大人買いしようと思っていたのに~

しかたなく1巻と9巻と12巻を買いました。(なんちゅー買い方)
しかも9巻は限定版という文字につられて\50高い方を買ってしまって…

なにがおまけに付いてたかというと
6穴のシステム手帳にはさめる2005年のスケジュールとカレンダー(オールカラー)

完璧に過ぎとるっちゅーねん!!いらんかった!!\50返せ!!(泣)

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »